ワークショップ,  畔米や

甘酒試行錯誤中

甘酒を試作しています。

炊飯器を使って米麹の甘酒を作ります。蓋を少し開けて温度が上がり過ぎないように。

1時間ごとに良く混ぜる。混ぜる前の上部と下部の温度差は約15度。全体の温度を均一にするためにまめに混ぜる事がポイントの一つ。ワークショップでしっかり伝えたいです。

冷凍保存していた一年前の麹でも甘酒を作ってみました。

先日作った新鮮な麹を使った甘酒と同じ分量、条件で。

甘さは同じくらいでしたたが、臭いがあります。

薄いビニール袋に入れて冷凍していたので、冷蔵庫の臭いが吸着したのも原因のひとつでしょうか。保存方法には気を使わないといけません。

 

麹の量も変えて作ってみる。米は0.5合。麹は300gから200gに変得ました。

出来上がりの印象はあまり変わらない…味は甘みが少なく、さっぱりとした仕上がりになった。

 

ステンレスの水筒で作ってみます。

米0.5合、麹300g、水800ml。容量1Lの水筒がほぼ満タンになるくらいできた。

温度変化は、スタートが63度、2時間後58度、4時間後55度、6時間後53度で出来上がり。

甘い甘酒ができた!水筒でもできる。

タオルに包んで、ホットカーペットの上に置いておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です